ラリマーというパワーストーン

ラリマーは、淡い青色の上に白いまだら模様が浮かんでいるのが特徴のパワーストーンです。
この石は現在は世界中でただ一ヶ所、ドミニカ共和国でのみ産出されているという貴重な石です。
1974年に発見された石で、パワーストーンとしてのい歴史はまだ浅いのですが、見た目の可愛さからとても人気があります。
ただし、人気があるのに対して供給量が限られているので、質の良い物は大変高額になってしまっています。
ちなみにラリマーという名前の由来は、この石の産出国の宝石商人が自分の娘の名前と、スペイン語で海を表わす言葉を組み合わせて名付けたのが始まりとされています。
このパワーストーンの効果についてですが、一番の効果は心に平和をもたらしてくれるという働きが挙げられます。
怒りや憎しみを解消するお手伝いをしてくれます。
他にも、周囲の人達とコミュニケーションをスムーズに取る事が出来るようにしてくれたり、状況の変化にも柔軟に対応出来るようにサポートしてくれる等の効果があります。
パワーストーン辞典!意味や効果を紹介!【石言葉・誕生石は?】